Management / Business Strategy Training

経営・事業戦略研修

企業経営の基本単位は製品・サービスであり、それを束ねた事業です。いくらよい企業戦略を企画しても、その基盤である事業がしっかりしていないと、企業は維持・発展できません。コンサルティングの現場で、実際日本企業の事業を観てみると、短期の営業センターと化している場合が多く存在します。成長性、継続性が乏しく、コストダウンに依存した価格化とシェアアップだけを目指していることが多いのです。もちろん企業を支える今期の業績は重要ですが、同時に3年、5年、さらには10年以上先の成長戦略も重要です。事業における今日の努力が、未来の成長につながって行くこと、つまり研究、開発、製造、マーケティング、営業各部門の組織横断的な事業戦略が重要なのです。事業戦略を実践するには、単に戦略フレームワークで戦略などのハードイシューを企画するだけではだめで、その戦略を動かす、人・組織基盤、ソフトイシューの変革も重要です。事業戦略を見直す最大の機会は、中期計画策定とそのローリングのタイミングです。そのタイミングに、新たな戦略企画チームの組織化、考え方、手法を導入することが重要です。

対象部門
  • 役員、経営トップ
  • 経営・事業企画などの戦略企画部門の方
  • 人事、総務、法務などの専門スタッフ部門の方
  • 営業、開発、製造、物流などの機能部門の企画推進担当の方
  • プロダクトマネージャーの方
  • 各種プロジェクトマネージャーの方
成果
  • 基礎的な事業戦略のフレームワークとその実践運用が出来るようになります
  • 多くのケーススタディを活用して戦略のベストプラクティスが学べます
  • 事業戦略の核となる、自社のモジュール戦略やプラットフォーム戦略、ビジネスモデル戦略が企画出来ます
  • 会社全体、事業部組織全体で戦略企画の共通言語ができ、人材育成基盤が出来ます
  • 事業戦略の意思決定のプロセスが構築できます
  • 実際の中期経営計画策定、新事業開発などの戦略プロジェクトメンバーの選抜、育成ができます
メソッド
  • リスク分析、事業環境分析、事業機会の発見
  • 事業成功の要因分析
  • ビジネスモデル戦略
  • ドメイン戦略(モジュール戦略などの範囲の戦略)
  • 技術開発戦略(オープンイノベーション含む)
  • 各種競争戦略
  • M&Aアライアンス戦略
  • バランストスコアカードの戦略マップ
  • 戦略プロジェクトのアクションリスト
  • 戦略実行計画
  • 重点戦略課題のブレークスループロジェク
ステップ
Step 1 把握すべき事業戦略の与件確認
  • 社内の与件(財務、人事、技術、製品など)
  • 競合、顧客、環境変化など外部の与件
  • 戦略リスク分析
Step 2 戦略仮説の企画
  • 事業戦略仮説の企画
  • 戦略重点課題の確認
  • 戦略の調査企画計画
Step 3 外部環境分析
  • マクロ動向分析、業界構造(エコシステム)分析、
  • 顧客分析
  • 競合分析
  • サプライヤー分析
Step 4 内部環境分析
  • コアコンピタンス分析
  • 競合ベンチマーキング分析
  • SWOT分析、事業成功要因分析
Step 5 事業戦略の企画
  • 戦略ドメインの戦略(モジュール戦略などの範囲の戦略)
  • ビジネスモデル戦略
  • ポジショニング戦略
  • 戦略目標と基本戦略の企画
  • 戦略マップの作成
  • 機能別戦略の企画
  • 財務計画(投資計画、利益計画)
  • 事業展開シナリオ
  • M&Aアライアンス戦略
  • 競争ポジショニング戦略
  • 技術、ブランド、コミュニケーション戦略など
Step 6 戦略の実行計画の作成
  • BSCの戦略マップの作成
  • アクションリスト
  • 戦略プロジェクトの企画
  • スコアカードの作成
  • 重点課題のブレークスループロジェクト企画